CRAFTONE ARCHITECTS

CRAFTONE ARCHITECTS

美容室piilo

  • 美容室piilo_客室全景
  • 美容室piilo_客室全景
  • 美容室piilo_客室全景
  • 美容室piilo_客室全景
  • 美容室piilo_レジカウンター
  • 美容室piilo_シャンプースペース
  • 美容室piilo_玄関ドア
  • 美容室piilo_カラーリングカウンター

福岡県大野城市にある住居系のビルの一室に計画された女性専用の美容室です。店名の”piilo”とはフィンランド語で「隠れ家」という意味で、完全予約制のプライベートサロンにふさわしいデザインが求められました。半屋外の共用廊下に面したエントランスの鋼製建具は、共用部分で防火設備であり、撤去や交換することはできないため、室内側にホワイトアッシュの框戸を設け、この建具で隠れ家的な雰囲気を出すことを考えました。当面は美容師1名でオペレーションを行うため、セット面は2面、シャンプー台は1台とし、将来それぞれ1台ずつ増やせる計画としています。スタイリングスペースはベランダ側の大きな開口部からは自然光を取り込んで明るい空間とする一方、シャンプースペースは照度を落として落ち着いた空間となるようにしています。

A women-only beauty salon planned for a room in a residential building in Onojo City, Fukuoka Prefecture. The store name “piilo” means “a hideaway” in Finnish, and a design suitable for a private salon with a complete reservation system was required. The steel fittings at the entrance facing the semi-outdoor common corridor are fire protection equipment in the common area and cannot be removed or replaced. I thought about issuing. For the time being, one beautician will operate, so we plan to increase the number of sets to two and the shampoo to one in the future. The styling space is a bright space that takes in natural light from the large opening on the veranda side, while the shampoo space is designed to be a calm space by reducing the illuminance.