先頭に戻る

CRAFTONE ARCHITECTS

CRAFTONE ARCHITECTS

GARRET(M Residence)

  • RENOVATION
  • |
  • 2012
  • GARRET竣工写真
  • GARRET竣工写真
  • GARRET竣工写真
  • GARRET竣工写真
  • GARRET竣工写真
  • GARRET竣工写真
  • GARRET竣工写真
  • 改装前

福岡市中央区にある築 31 年のマンションの一区画のリノベーションです。リノベーションして売却したいというオーナーに対し「セミス ケルトン」というコンセプトを提案しました。セミスケルトンとは一般的な言葉ではありませんが、クラフトワンが考えるセミスケルトン とは、そのままの状態でも住めるし、必要に応じて手を加えていくこともできる空間です。住まい手と共に成長していく空間とも言えるで しょう。利便性の高い土地柄を考慮し、単身者、夫婦、家族、SOHO といったあらゆる住まい方に対応できるよう努めました。この物件は WEB クリエイターのご夫婦が購入され、追加で収納を造作するなどして住まわれています。

It is a renovation of one section of apartment in 31 years built in Fukuoka city Chuo Ward. We propose the concept of “semiskeleton” to the owner who wants to renovate and sell it. Semi-skeleton is not a general term, but craft one’s semi-skeleton is a space where you can live in the state as it is, and you can add hands as necessary. It can be said that it is a space growing with the household. Considering the land pattern with high convenience, we tried to be able to respond to any way of living such as single person, couple, family, SOHO. This property has been purchased by a couple of web creators, and they are living in such a way as to additionally construct storage.