風景

COLUMN

デザインの上位にあるもの

現場に向かう車の中では音楽を聴いていることが多い。このとき、自分がその現場のイメージに近い音楽を選んでいることに気付いた。そして、果たしてこれは良いことなのか考えてみた。

ファッションデザイナーの山本耀司さんは、スタッフに仕事中に音楽をかけることを禁止しているそうだ。理由は「作るものが音楽の影響を受けないようにするため」だと言う。服と音楽は全く違うジャンルだから、影響を受けたところで「真似した」とか「パクった」とか思われる事は無いはずである。にもかかわらず禁止しているのは、耀司さんが服は表現手段にすぎず、「服によって表現されるもの」にオリジナリティーが無いと駄目だと考えているからではないかと想像する。



ときどき建築家は「デザインで解決した」という言い方をする。僕もデザインは「問題解決」だと思っていた。しかし、最近「デザイン=解決」ではないような気がしている。デザインの上位にあるものが大切なのだ。制約の多い建築でそれが可能かどうかは解らない。しかし、これからはそれを意識してやっていこうと思う。

NEW ENTRY

  1. 風景
  2. 厨房機器のレイアウト
  3. 福岡市役所
  4. 現況写真

ARCHIVES

  1. 取材風景

    PADDING

    「PADDING」ご訪問
  2. 原稿

    DIARY

    掲載されました
  3. くまモン

    DOLPHIN

    熊本へ
  4. 調査風景

    DIARY

    コンクリートブロック塀の調査
  5. 打合せの痕跡

    SHIKITEI

    打合せの痕跡
PAGE TOP