open

本日も現地視察

2015年10月31日 | DIARY

DSC03301

住宅をエステサロンに改装するご相談を受け、現地視察しました。


現地視察

2015年10月28日 | DIARY

12190797_948789985188694_2937907003577651487_n

倉庫を物販店に用途変更するご相談を受け、現地を視察しました。


マンション傾斜問題(2)

2015年10月25日 | COLUMN

マンションの傾斜問題ですが、問題の発覚が長引いたことも問題です。長引いた原因として、マンション管理会社の利益相反の問題が挙げられると思います。これは建築業界の問題と言うより、不動産業界の問題です。

マンション購入時に交わす契約書には、売り主によって管理会社が指定されていますが、これが売り主であるデベロッパーの関連会社であることが殆どです。問題となっている「パークシティLaLa横浜」の場合、売り主の三井不動産レジデンシャルが自ら管理会社となっていたようです。したがって管理組合がマンションの不具合を訴えても、管理会社はあまり真剣に話を聞いてくれるはずがありません。住民から管理料を徴収しながら住民の利益を考えないという、利益相反が生じているのです。

この他にも、日本では様々な利益相反となる契約が平然と行われています。例えば、不動産仲介における両手取引がそうです。両手取引はどう考えても民法で禁止されている双方代理にあたると思います。もちろん、双方の承諾があれば双方代理も合法なのですが、しかしながら、承諾など無しに平然と双方代理が行われているのが現状です。他には、建築の設計施工一貫方式(デザインビルド)もそうです。品質の高い建築を設計することと、施工で利益を出すことは利益相反の関係にありますが、多くの人が疑問を感じずにハウスメーカやゼネコンに設計施工一貫で発注しているのが不思議です(ただし、設計施工一貫には発注者にもメリットもありますので、一概に批判はできませんが)。

人と不動産の関係をより良いものとするには、日本人がもっと利益相反という問題に敏感になり、おかしな慣行をフェアなものに改めていくところから始まると思います。

マンション傾斜問題(1)
http://craftone.net/yamamoto/151020-2/


マンション傾斜問題(1)

2015年10月20日 | COLUMN

残念ながらまた建築界の信用を無くす事件が起きてしまいました。欠陥が生じたマンションは、三井不動産レジデンシャルが2006年に販売した横浜市都筑区の「パークシティLaLa横浜」。三井住友建設の設計施工。

思った事だけを書きます。

1.杭の設計

杭の施工を行った旭化成建材が非難されていますが、杭の設計はきちんとされていたのかは報道されていません。設計に瑕疵は無かったのでしょうか?ただし、設計に先立って行われるボーリング調査は、要所を選んで数本行い、すべての杭の位置で調査するわけではありません。従って、調査を行っていない場所で急に支持層の深さが変化していることもあり得ます。こうした理由で杭が支持層に達しなかった場合、設計と施工が協議をして、継杭をするとか、逆に建築の基礎梁のせいを高くして杭頭に接続するなどの対処をするわけですが、今回はこれが行われなわれず、杭が支持層に届いたかのようなデータ偽装が行われていたことになります。

2.管理・監理の問題

工事は杭の専門業者が工事を行い、通常、工事を総括する元請けゼネコンの施工管理者(現場監督)と、施工が図面通りに行われているかを確認する監理者が立ち会って行われます。しかし、施工管理者も監理者は全ての杭の打設に立ち会うわけではありません。通常、試験杭といって最初の杭の打設に立ち会い、問題が無ければ、後は施工記録を受け取ってチェックするという形になります。今回の不祥事を受けて、今後どのように法改正がなされるか注目です。しかし、全ての杭打ちにちあうことが義務化されたとしたら、その分の人件費は補償されるのかといった問題も発生します。

3.再委託の問題

よく建設業界の多重請負が問題になりますが、そもそも建築工事は、基礎工事や電気工事や鉄骨工事などいくつもの専門業者が関わります。これを総括して、工程など工事全体を管理するのが、元請けとなる総合建設会社で、ゼネコンと呼ばれてたりしています。元請けのゼネコンと下請けの専門業者が存在することは問題ではありません。問題は、建設業法ではゼネコンが請け負った工事一式を再委託すること(丸投げ)は禁止されていますが、下請けが請け負った工事を丸ごと孫請けに再委託することは禁止されていません。今回のケースで言うと、元請けの三井住友建設から杭工事を請け負った日立ハイテクノロジーズが、業務を旭化成建材に再委託しています。何も仕事をしないでマージンだけ抜くという業者の存在が建設コストを高くし、あるいは孫請けを疲弊させることに繋がっています。建設業法で下請けから孫請けへの一括再委託を禁止すべきです。

マンション傾斜問題(2)
http://craftone.net/yamamoto/151024/


建築士法改正講習会

2015年10月19日 | DIARY

講習会風景

今年6月に施工された改正建築士法に関する講習会を受けてきました。今回の法改正で設けられた附則第3条の規定により、新たに建築士事務所に所属する建築士の届け出をしなければならないとは知りませんでした。提出期限は来年の6月まで。早めに提出します。


日本建築写真家協会福岡展

2015年10月15日 | DIARY

日本建築写真家協会福岡展_01

日本建築写真家協会福岡展_02

住吉にある富士フイルムフォトサロン福岡で開催されていた「日本建築写真家協会福岡展」を観に行きました。普段は建築の竣工写真を撮影している写真家の方々の展覧会です。どの写真もピントがビシッとしていて、職人気質溢れる写真展でした。


アメリカンドリーマー

2015年10月14日 | MOVIE

アメリカンドリーマー フライヤー

仕事が一区切りついて、ぽっかりと空いた一日。こんな日は映画を観に行くに限る。選んだ映画は『アメリカンドリーマー』ところが、気分転換に観るにはシリアス過ぎた内容。でも見応えあり。綺麗事だけじゃビジネスは上手くいかないのかな?でもクリーンでありたいですよね。