open

夏とデザイン

2015年8月18日 | COLUMN

dazaifu-b_01-1024x597

お盆休みも終わりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。ところで、夏という季節は、デザインを意識させる季節だなと思います。特にファッションデザインがそうですね。涼しくかつ見栄えも良いことを考えなければなりませんから、まさに用と美が求められます。私自身の夏の工夫といえば、革のカバーの付いたマネークリップを愛用しています。男性はハンドバックを持ち歩かないので、財布だとポケットが嵩張ってしまいます。

住宅のデザインも、かつては「夏をもって旨とすべし」と言われていました。軒を深く出すとか、風通しの良いプランを考えるとか、湿気から逃れるために床を堅くするるとか。網戸とかすだれなども夏を快適に過ごすための工夫でした。最近は高気密高断熱が基本なので、あまり季節を感じることが少なくなりましたが、それでも、中庭がある建物に入ったりすると、風が抜けて気持ちよさそうだな、と思います。建築を考えるときは、なるべく外部と連続した空間を作りたいと思います。