先頭に戻る

CRAFTONE ARCHITECTS

CRAFTONE ARCHITECTS

PADDING

  • RESIDENCE
  • |
  • 2016
  • リビングダイニング
  • リビングダイニング
  • リビングダイニング
  • 廊下-1収納
  • 洗面所
  • リビングダイニング
  • リビングダイニング
  • リビングダイニング
  • 廊下-1
  • 玄関
  • 廊下-3より書斎を見る
  • 書斎
  • 書斎

築46年(1971年築)のマンションリノベーションです。PADDINGとはウェブデザインの用語で「内側の余白」を意味します。寝室、バス、トイレ、キッチン、収納といった生活に必要な機能を共用廊下側にまとめ、バルコニー側に余白として残ったスペースをリビング・ダイニングとしています。このスペースのみ天井をコンクリートスラブ現しとし、46年の時間を感じさせる空間としました。

It is apartment renovation of Building 46 (Built in 1971). PADDING is the term of web design and means “inner margin”. The functions necessary for daily life such as bedroom, bathroom, toilet, kitchen, and storage are shared on the common corridor side, and the space remaining as a margin on the balcony side is living / dining. Only in this space the ceiling was revealed as a concrete slab and it made it a space that makes you feel the time of 46 years.