open

検査済証のない建築物の建築基準法適合状況調査

2014年11月25日 | DIARY

IMG_4146-1180x1573

建設会館でビューロベリタスジャパン社による「検査済証のない建築物にかかる指定確認検査機関を活用した建築基準法適合状況調査」というセミナーを聴いてきました。スクラップアンドビルドの時代が終わり、既存の建築物を再利用しようという時代ですが、世の中には由々しきことに検査済証の無い建築物が意外と沢山あり、それらを増改築や用途変更しようとなると面倒な手続きを踏まなければならず、多大な時間と費用がかかっているのが現状です。

そこでこれを円滑に行うために今年の7月に国交省より「指定確認検査機関を活用した建築基準法適合状況調査」のガイドラインが制定されました。本日はその指定確認検査機関のひとつであるビューロベリタスジャパン社から、ガイドラインに基づいた業務の流れについて解説がありました。店舗のインテリアのような仕事であっても場合によっては用途変更が必要となるのですが、既存建築物の検査済証が無いとこれが非常に困難となり、せっかく良い条件の物件にクライアントが出店を諦めるというケースがありました。このガイドラインにより、リノベーションやコンバージョンがより盛んになっていくと良いと思います。


資料のご請求ありがとうございます

2014年11月21日 | DIARY

弊社のリノベーションサービス「Re-CRAFT」に沢山のお問合せありがとうございます。本日も滋賀県のT様、沖縄県のK様からの資料請求があり、早速資料を送らせて頂きました。遠方の方でも対応可能です。現在、物件の規模にもよりますが、特別に交通費など頂くことなく通常料金で対応しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

http://re-craft.com


来年の手帳

2014年11月18日 | DIARY

IMG_4135のコピー

来年の手帳を買いました。昨年と同じ「MARK’S 2015 Tageskalender B6, ED!T」にしました。左の黒が今年使っているやつで、右の黄色が新しく買った2015年用です。手帳と言ってもスケジュールはGoogleカレンダーで管理しているので、もっぱら記録用として使っています。したがって1日1ページの手帳が便利なのです。

今まで「ほぼ日手帳」や「Moleskine 2015 Daily Planner Pocket」と使ってきたのですが、このEDITが一番私にはしっくりくるようです。デザイン的にはMoleskineが一番好きだったのですが、時間軸が24時間ではないのが不便で、なおかつプロポーションが縦長なので、左の時間軸に記録を書き、右に日記的なことを書こうとすると横幅が足りません。

IMG_4134

2015年のEDITは、日曜と祝日の日付が赤文字に変更になっているようです。表紙の色も12色揃っているので、毎年色を変える楽しみがありますね。再来年は何色にしようかな。


relife+ vol.16

2014年11月15日 | DIARY

16

現在発売中のリノベーション情報誌『リライフプラスvol.16』の「頼れるリノベーションパートナーガイド」で、私が主宰するクラフトワン一級建築士事務所のリノベーションサービス「Re-CRAFT」が紹介されています。是非ご覧下さい。


新国立競技場について

2014年11月11日 | COLUMN

磯崎新の新国立競技場に関する意見の全文が公開されました。

磯崎新による、新国立競技場に関する意見の全文
http://architecturephoto.net/38874/

一等を獲ったザハ・ハディドに修正案をつくらせるべきだというのは磯崎さんらしい意見だなと思いました。早くから既存の競技場を改修することを提案している槇文彦氏も、やはり「建築家批判であってはならない」と前置きされています。場所によってはザハのような大胆な造形の建築が必要な場合もあるのです。新国立競技場の案が批判されているからといって、ザハ・ハディドという建築家を全否定してはいけません。

ザハのダイナミックなコンペ案は、土木の技術を建築に応用する提案であったため、高さも巨大となり予算もかさむ案でした。これを受けて日建設計JVがまとめた基本設計は、高さを抑える必要やコストを落とす必要があったとは言え、ザハの描いた輪郭を他の構造形式で置き換えてしまったため、当初のダイナミックさが全く失われてしまった設計となっています。確かにこのままでは、ザハの案を支持する人にも改修案を支持ずる人にも不幸な結果となることでしょう。

磯崎さんも書かれているように、コンペには二つのタイプがあります。ひとつは「案を選ぶコンペ」。もうひとつは「人を選ぶコンペ」。今回の騒動は、建築家は基本構想をまとめるだけで実施設計には関われない、という「案を選ぶコンペ」であったことに問題があったと思います。分業による流れ作業では良い建築は生まれません。一等を獲ったザハの力量を信じてザハに修正案をつくらせるべきだと思います。